古本が増えてきたときは

ネットで古本販売をしていると、次々と在庫が増えていきます。 売れそうな本ばかりを厳選して並べている一般的な書店と違い、古本屋はどうしても売れずに残ったままの在庫を抱えることがほとんどです。 開店当初はスペースに余裕があり「もっと仕入れないとお客さんのニーズに応えられない」と不安になったり焦ったりするかもしれません。 しかしそれなりに販売が軌道に乗り、在庫も増えてくると、今度は古本が溢れかえってしまい、かえって手狭になってくることも。 あまりに増えてくると山が崩れてくることもありますし、その場合片付けるのに時間がかかってしまいます。 ただでさえいろいろと手間がかかっているのに、余計なところ・想定外の事態で時間も労力も取られていては、経営が成り立ちません。 思い切って新しい倉庫に移すのが得策です。移す作業にも手間や時間がかかりますが、一度きりです。 狭い倉庫で日々苦労して古本の山をかき分けるよりも、余裕のあるスペースで整理するほうが気持ちよく作業できますよね。 また本を並べる際のポイントとしては、入荷したものに順番にナンバーを付けることです。 この方法なら古いのが数字の若いナンバーになるのでひと目ですし、いつまでも残っていれば整理対象にすれば良いわけです。 たとえ何万冊あったとしても番号だけの確認で済みますよね。管理が楽なのでおすすめの整理法です。 ただしナンバー付けをするのはコンピュータではないので、どうしても付け間違いが出てきてしまいます。 同じ番号が2つ出てしまう場合や、次の数字を書いてしまうのもよくあることです。 人為的な作業なので仕方ないのですが、できる限りミスなく古本を整理するよう心がけてみてください。

Additional information